なんだかんだ フィリピン選手の飛び込み競技

フィリピン選手の飛び込み競技

結果が全てではない?

まずは下の画像を見て頂きたい。
この人は何をしているのでしょうか?この後どうなるのでしょうか?

飛び込み競技

さぶーん!
見事に背中から着水しました。
実はこれ「2015年 SEA Gamesシンガポール大会」という飛び込み競技のフィリピンの選手の演技なのです。

飛び込み競技

そしてなんとこの人の得点はというと0点です(/_<。)アチャ---

飛び込み競技

割とちゃんとくるくる回って普通の選手の様にも見えましたが…


スポンサードリンク

 

同じく飛び込み競技のこの人。

飛び込み競技

着水は足からドボーンと…気持ちは後半回転して頭からという雰囲気ですが残念。

飛び込み競技

そしてこの人も同じく0点

飛び込み競技

なんというかこういう大会で0点とか出るもんなんですね。
この人たちに対するネットでのコメントは普通に足から飛び込んだ方が得点高いんじゃね?みたいな感じで、私もそのコメントを見た時に「そりゃそうだな」って爆笑してしまったわけですが、冷静に考えてみるとちょっと違和感を覚えました。

素人なので得点の付け方ってどうなっているのか分からないですが、もしかしたら回転せずに足から一直線に綺麗に着水すれば何点かは貰えるかもしれません。(採点方針によってはそれでも0点かもしれないですけど)
でもこの人たちは何のためにこの競技を行っているのか?ちょっとでも高い点数を取るためにというのはあくまで100点満点に近いレベルの話であって、ただ単に足から飛び込んで0点が10点になったところで嬉しいでしょうか?

0点は恥ずかしいけど10点ならまだちょっとまし?小学校のテストじゃないんですから…この考え方は普通の人なら良くあるかもしれません。正規の方法だと大失敗する可能性があるし失敗したら恥ずかしいから、無難に終わる方法で場を乗り越えよう的な。

失敗するのが恥ずかしいと思う感情は多分そんなに努力していないからじゃないかなって思う。今まで必死で努力して何かを成し遂げようとした事がないから0点取る位なら演技なんてしないで足から飛び込めばいいじゃんって考えになる気がする気がしました。

写真の表情を見ても分かる通りこのフィリピンの選手は0点でも死にたくなるくらい恥ずかしいわ!っていう顔つきではありません。そして、演技が終わった後も他の選手とハイタッチとかもしてました。

恐らく、努力して練習してきたことはやりきった、その結果が0点なのは仕方が無いって点数以外の満足感があったんではないでしょうか?
レベルが低すぎて点数ばかり目立っていますが、誰でも割と経過と結果と分けて考えていませんか?受験勉強だったらテスト終わった後に「勉強した努力が実ってすらすらと問題がとけたよ!」「勉強してきたことがあんまり実らなかったわ…」と経過に対する感情と「合格した」「不合格だった」という結果に対する感情とあると思います。

必死で努力していないから客観的に見られる結果が悪いと恥ずかし。必死で努力したなら他人にどう思われようが恥ずかしくないんじゃないかなって深く考えちゃった。

実際、このフィリピンの選手が一切の努力もせずになんかわからんけど競技に出ることになってて結果が0点で「練習してないしこんなもんだべ!」とか思ってたらびっくりしますけどね( ゚∀゚)・∵. ガハッ

関連記事

テーマ : 水泳
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

広告

プロフィール

わーとん

Author:わーとん
ここには役に立つと思って書いていることはありません。全ては自分の思った事のみ正しいか正しくないかなんてしりません
( ゚∀゚);',*;ガハ!!

ブログ内の禁止設定の為、コメント及びコメントのリンク欄にもアドレス記入不可になっております。

免責事項と自己紹介


離縁パイプ紹介

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
お勧め
広告


QRコード
QR
カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる