なんだかんだ

偏光サングラス購入の為に!

使いだすと止められない!

Ray-Ban 偏光サングラス

Ray-Banのフレームに度入りの変更レンズを取り付けた偏光サングラスを購入して使っています!
偏光サングラスを購入するにあたって調べた事、お店の人に聞いて知ったことなどを記載したいと思います。

偏光サングラス効果

ゴルフに釣り、スキー、ドライブなどおしゃれ目的ではなく、直射日光や照り返しなどから目を守るためにサングラスが必需品だとよく言われる。
なかでも、サングラスレンズに偏光膜が加工された偏光サングラスは眩しさの原因となる乱反射をカットしてくれる。
乱反射が無くなるとどうなるのか?

  • ゴルフでグリーンの芝に反射する光が無くなり傾斜が分かりやすくなる。
  • 水面の波などによる反射のギラつきがなくなる、水中の魚やストラクチャーが見えるようになる。
  • 運転時には晴れた日のダッシュボードの写りり込みがなくなる、路面の反射がきにならなくなる。
というような効果が生まれる。
光の反射が生み出す目の前にある膜の様なものが無くなるイメージです。通常、太陽がまぶしいわ!とか照り返しで見えにくいわ!となった時に、偏光サングラスの存在、効果を知らないとそれはどうしようもない事或いはそれがあたりまえとなってしまいます。

例えば、日の光が当たる日中に釣りをしていて足元の岩の陰に大きな魚が身をひそめていたとします。肉眼では海面のぎらつきのせいでその魚の存在がわかりませんが偏光サングラスをかけていれば魚の存在が分かるのでそこへ針を垂らせば釣れる可能性が大です。又は、魚が確認できなくともストラクチャーが見えれば魚がいそうな場所を的確にせめることができます、地形が分かれば根掛かり回避もしやすくなります。

魚がいるかどうかも分からない場所にやみくもに針を垂らすよりも、魚がいる場所或いはいそうな場所へ針を垂らした方が釣れる可能性はかなり高くなります。

また、ルアーフィッシングをやる場合だとルアーが戻ってきた時にルアーを追っかけてきた魚が見えることも多いです。
エソが釣れて巻きあげてきたらでっかいブリが後ろについてきていてテンションあがった記憶があります…まぁその後にハマチすら釣れなかったですけど(笑)

続きを読む

テーマ : ゴルフ
ジャンル : スポーツ

泉南郡岬町 岬公園裏で釣り 2018.01.28

朝メバリングにチャレンジ

岬公園メバリング

釣れないながらも暇な時にはショアジギングに行っていますが青物はやっぱり釣れない…釣れないなら行かなきゃいいんだけど、暇だと釣りに行きたくなる。

最近の大阪南部の釣果を見ると殆どメバルです。
昔に夜釣りの電気浮きでガシラやらメバル釣りをしたことはあるけどルアーでメバル狙いに行った経験は無い。
しかし、1年くらい前にアジングをしようと思って買ったメバリングができそうな竿はあるし、その時にアジング用に買ったジグヘッドやらワームも一応ある。
メバリングについてはYouTubeでメジャークラフトのヒロセマンのメバル釣り動画を見て何となく勉強してある!
リールはあることはあるけど、やっぱりまともな物を買った方が良さそうなのでダイワのEXCELER2004を買ってPEライン0.4号を巻いてみた。PEラインはメジャークラフトの弾丸ブレード ライトゲーム専用 X4です。
道具は揃った!!

ということでタックルは以下

  • ロッド:OGK RGS702UL
  • リール:Daiwa EXCELER 2004
  • PE:0.4号 メジャークラフト 弾丸ブレード ライトゲーム専用 X4
  • リーダー:東レ フロロカーボン 2号
  • ジグヘッド:ヤリエ メバリー速掛け 1g
  • ワーム:ダイソーワーム オレンジ、メジャークラフト フォールイカ

ヒロセマン曰く、アジングもメバリングも明るい時はリアクションの釣りで暗い時は巻きの釣りが良いとのこと。
巻きの釣りとはキャストして着水してゆっくりとただただ巻くだけ!

うん!簡単だ!あとはメバルが居るかどうか!
というわけで、よくメバリングをやっているのを見かける観音崎へ4時くらいから行ってきました。

続きを読む

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

和歌山市 青岸で釣り 2018.01.13

寒波でも釣り

青岸で釣り

1月12日からの寒波で大阪南部~和歌山北部でも雪が降って少し積もったところもあるようでが、各地でも雪の被害が出ているところがあるようです。

予報を見てみると天気図では高気圧が日本海と東シナ海の辺りにあって、14日なんかは風もおさまるのかと思ったらそうでもなく…寒さと風がおさまるのは15日くらいかららしい。
天気図の見方はやっぱりよくわからん( ゚∀゚)・∵. ガハッ

それでも予報ではありますが、13日9時くらいまでの和歌山市の予想風速が2~3m/sだったので、ショアジギングだったらなんとかなるかと思いキャスト方向を変えやすい青岸へ行ってきました。

青岸で釣り

とはいっても、寒い+風が強い+釣れる可能性が低い季節というものあるので到着は朝マヅメ直前位の6:30です。
白灯台先端に誰も居なかったのでいってみました。

到着すると3m/sとは思えない強風でタモを置いてると風で動いてしまうくらい…どこからどの方向へ投げるか確認してると空が明るくなってきました。

ショアジギングやめて穴釣りでもしようかと思ったけど、取りあえずはアゲンスト方向とフォロー方向へ投げて釣りになるのかどうかを確かめてみることにした。

続きを読む

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

広告

プロフィール

わーとん

Author:わーとん
ここには役に立つと思って書いていることはありません。全ては自分の思った事のみ正しいか正しくないかなんてしりません
( ゚∀゚);',*;ガハ!!

ブログ内の禁止設定の為、コメント及びコメントのリンク欄にもアドレス記入不可になっております。

免責事項と自己紹介


離縁パイプ紹介

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
お勧め
広告


QRコード
QR
カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる